塩カル防錆剤【防錆剤】

塩カル防錆剤

塩カル防錆剤とは
従来の一般的な防錆剤塗布方法による塗膜表面への酸素の遮断により効果を発揮する防錆方法と、全く異なる反応型の防錆剤です。 冬場の融雪剤(塩化カルシウム)と、海岸沿いの潮風(塩化ナトリウム)との置換反応により防錆剤被膜を形成させることができます。
従来の防錆剤と塩カル防錆剤との比較
厚塗り樹脂系 ワックス・タール系 塩カル防錆剤
黒、白及び車体色 ベージュ、タール色 透明
臭い 塗布作業時、溶剤臭 防錆油、タール臭 無臭
作業機器 コンプレッサー、ガン コンプレッサー、ガン 特別の機器の必要なし
作業時間 約1時間 乾燥まで3日以上 20~30分
耐熱性 マフラー、ラジエター不可 マフラー、ラジエター不可 マフラー、ラジエター可
ホイール 不可 不可
台当り価格 ワックス系より安い 高い 安い
熟練度 必要 専門技術が必要 特に不要
防錆期間 1~2年 1~5年 半年~1年
他製品との混用 不可 不可 可・他製品の強化剤
作業環境 溶剤対策必要 作業場の環境悪い 作業場所を選ばない
作業前車両乾燥 必要 必要 不要
特徴 ●塩カル防錆剤は従来の防錆剤では不可能とされていた、マフラー、ラジエター等の加熱部分の防錆処理が可能 ●塩カル防錆剤は施工が簡単(特別な機器の必要性なし) ●高収益サービスアイテム ●環境に優しい(溶剤対策不要・床や周辺を汚さず、作業を軽減) ●車検、点検、ピット作業の連動販売が可能 ●塩カル防錆剤は無色透明で見た目の変化なし⇒新車にも最適
使用方法 【1】作業準備 ●泥汚れ等がひどい場合のみ、車下部を洗浄。 下廻りや融雪剤で白くなっている場合は、そのまま作業して下さい。車輌下部がひどく濡れている場合は、速やかに乾燥してください。 (車輌をリフトアッフ&作業用手袋・粉塵マスクを着用。)
【2】塗布作業 各部が湿る程度(液が垂れない程度)に、スプレーや蓄圧式噴霧器等で塩カル防錆剤を塗布してください。塩カル防錆剤がゴム部分にかかっても問題はありませんが、ブレーキローター/シューに吹き付けないように注意してください。塩カル防錆剤がかかった場合は<パーツクリーナー>等で洗浄してください。 ●ホイールの錆止めにの効果的です。 ブレーキローターへの飛散防止のため、必ずホイールを外してから塩カル防錆剤を噴霧してください。
【3】乾燥 塩カル防錆剤をコーティンク後、晴天時で30分(悪天候時は1時間以上)程、自然乾燥させてください。 乾燥前に泥道等を走行すると、充分な効果が得られない場合があります。
【4】確認 必ずブレーキの制動力の効き具合を確認してください。
使用上の注意 ●下記用途以外には使用しないこと。 ●すべての説明書きを読み、理解してから使用すること。 ●容器を密栓しておくこと。 ●熱・火花・裸火・高温のもののような着火源から遠ざけること。 ●火花を発生させない工具をしようすること。 ●静電気放電や火花に対する予防設置を講ずること。 ●保護手袋・保護衣・保護眼鏡・保護面を着用すること。 ●ミスト、蒸気、スプレーを吸入しないこと。適切な呼吸器保護具を使用すること。 ●塩カル防錆剤を使用するときに、近隣で飲食または喫煙をしないこと。 ●屋外または換気の良い場所でのみしようする事。 ●使用後は手を石けんでよく洗うこと。
成分 合成炭化水素・イソステアリン酸・フルオロアルキルカルボン酸
用途 融雪、凍結防錆剤(塩カル)、塩基に対する防錆効果
荷姿 4L×2本/1ケース
製品カタログPDF 塩カル防錆剤 製品カタログPDFファイルです。詳細はこちらを御覧下さい。
株式会社シフトの製品や技術情報に関するご質問・ご意見を受け付けております 本社 072-252-3231 東京営業所 03-6228-6012
お問い合わせフォームへ